スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
凶器の話
先週に引き続き名探偵の掟を見たぴよ。
第二話は原作では第十二章の凶器の話。

前回同様原作にとても忠実なところと 変えてあるところが混在していたけど まずまずよくまとめてあって感心したぴよ。

原作通り舞台はロの字館
原作では 上から見たらロの字の形で 中庭が真ん中にあって 1階は中庭に面した部分はガラスばり、中庭の上は吹き抜けで 2.3階からは手すり越しにみおろせるけど 天井もガラスばりという ミステリのために建てられたような館ぴよ
かものはし荘って名前は 土地がかものはしのくちばしみたいな形をしているからつけた名前やし 親近感があるぴよよ(^^)
(その後50メートル離れた場所にかものはし館を建てて引っ越した時、バージョンアップなのでそのままかものはしって名前を引き継いだけど こっちは別にかものはしの形はしてへんので 意味があらへんようになってしもうとる(^^;;)

せやけど こんな館は実際にあらへんやろうし 映像にするのにどないしはるんやろうと思ったら 名前だけロの字館になってて あとはごまかしてあったぴよ。

第三章の「屋敷を孤立させる理由-閉ざされた空間-」は映像化無理やろっと思ってたけど こういうふうにごまかして どうにかしはる気ぃやろうか?
気になって また見てしまいそうぴよ(^^;;

スポンサーサイト
【2009/04/25 23:32 】
かものはし館 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<渋滞 | ホーム | 通路>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kamonohasi.blog26.fc2.com/tb.php/959-620921a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。